最近耳にするIPCLとは?
ICLをもっと知る PART7

眼科 視力こんにちは。横浜のきくな湯田眼科です。

視力矯正手術では、レーシックとICLの2つが最も知られている手法であり、皆様もよく耳にするのではないでしょうか。

しかし、最近ではその2つに加えIPCL(Implantable Phakic Contact Lens)という手法を耳いすることが増えてきました。こちらはまだまだ知らない方も多いのではないでしょうか。今回はIPCLについての内容を書いています。

1. IPCLとは

IPCLはEyeOL社から2014年に発売開始された新しい後房型の有水晶体眼内レンズです。2017年にヨーロッパにてCEマーク(安全性)を取得し、全世界40カ国以上で使用実績があります。日本では2015年より使用実績があります。

2. ICLとの違い

IPCLとICLは両方とも眼内にレンズを挿入する手法ですが、それぞれ異なる特徴があります。ICLは、STAAR 社によって開発された後房型の有水晶体眼内レンズであり、コラマーという合材で作られています。

一方で、IPCLはICLと同様に眼内にレンズを挿入する手法ではありますが、EyeOL社から2014年に発売開始された新しい後房型の有水晶体眼内レンズであり、ハイブリット親水性アクリルで作られています。

要するにレンズの違いが、ICLとIPCLの違いということになります。このレンズの違いに伴う、術後の取りはずしのしやすや他にも費用感に違いがあります。

また、ICLとの決定的な違いは、日本で承認を得ている眼内レンズかどうかになります。ICLで使用するSTAAR社の眼内レンズは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDAPharmaceuticals and Medical Devices Agency)によって日本で承認がされています。しかし、IPCLで使用するEyeOL社の眼内レンズは、厚生労働省から国内での臨床使用許可を受けているものの、国内未承認の眼内レンズになります。

3. 注意点

最近耳にするようになってきたこのIPCLですが、一部のクリニックでは、IPCLICLとして提供している場合があるそうです。これにより、手術を受ける患者様が正確な情報を得づらくなり、誤った選択をしてしまう可能性があります。ICLを検討している場合やICL手術を受ける際には、上記のレンズの種類やICLとの違いなどについて確認してみるのがいいかもしれません。